親子のこれから.com

老後の生活・趣味・悩み・終活、子どもが出来る親孝行・見守りを考える

両親と旅行!冬におすすめの観光スポットはどこ?冬景色だけじゃない!

冬の旅行におすすめな観光スポットについて

f:id:tomo192:20191129000554j:plain

凍えるような寒さが体にしみるがやってきました。この時期、外出して何かをしたいと思っても、寒空が目に入るだけでその気分が消えてしまうことも多々あります。

今回は、そんな気持ちも吹き飛ぶ冬におすすめの観光スポットをご紹介します。美しい冬景色ももちろんおすすめに入りますが、実は冬景色だけではないんですよ。記事の中に、あなたの知らなかった観光スポットもあるかもしれません。

小樽ゆき物語(北海道)

小樽市では、11月から翌年の2月中旬まで【小樽ゆき物語】を開催しています。小樽ゆき物語では、小樽運河がおよそ1万個の青色LEDにより華やかに輝くほか、市民が作成したワイングラスタワーを設置しているなど、普段はなかなか見られないような光景を目にすることができます。

また、JR小樽駅にも市内にあるガラス工房のアート作品が展示されます。その【ガラスアートギャラリー】は、寒い土地に訪れる人々を優しく歓迎します。私は、小さいころにその輝かしさに魅力を感じて、ガラス細工を集めていたことがあります。ガラスってほんとうに綺麗ですよね。

そして、小樽運河を周遊している【小樽運河クルーズ】があります。小樽運河クルーズでは、およそ40分のあいだガイドと共に小樽運河を渡ることができるのでおすすめです。

ガイドの話には、イルミネーションに関することだけではなく小樽の歴史や面白い話まで含まれているのだとか。イルミネーションを見にいって、歴史の勉強までできるなんて嬉しいですよね!

 

引用 Youtube 

小樽ゆき物語は、会場ごとに日程が異なるので注意が必要です。2019年の日程はこちら。

【青の運河について】

  • 日程、時間 2019年11月1日~2020年2月2日 点灯時間は日没から22:30
  • 場所 小樽運河浅草橋から中央橋

【ワイングラスタワーについて】

  • 日程 2019年11月1日~2020年2月16日
  • 場所 運河プラザ館内

【琥珀色の夢について】

  • 日程、時間 2019年11月1日~2020年2月16日 点灯時間は16:00~22:00(2月のみ17:00から)
  • 場所 JR余市駅前周辺

琥珀色の夢では、JR余市駅前がウイスキーを思い出させる琥珀色のイルミネーションで輝きます。

【ガラスアートギャラリー】

  • 日程 2019年11月6日(水)-2020年2月2日(日)
  • 場所 JR小樽駅
兼六園(金沢)

兼六園は、【水戸偕楽園(かいらくえん)】【岡山後楽園(こうらくえん)】と並ぶ日本三名園のうちの1つです。桜の季節や紅葉のイメージである方も多いことでしょう。しかし、冬の兼六園もまた、絶景スポットのうちの1つなのです。

兼六園では、冬が来る前に【雪吊り】が行われます。雪吊りとは、冬に雪の重みで枝が折れてしまわないように、縄で枝を守る作業です。雪吊りは、金沢での冬の風物詩です。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Japan Airlines(@japanairlines_jal)がシェアした投稿 -

 

引用 インスタグラム

雪吊りには、3種類あります。【みき吊り】【しぼり】【りんご吊り】といいます。1番複雑で、精巧に行うのはりんご吊りです。代表的な名木には、この方法を使います。金沢では、りんごの栽培が盛んであったので、大きくなった実を枝折れから守るために行われたのが始まりだと言われています。

 

引用 Youtube

兼六園の雪吊りです。木へ、丁寧に雪吊りを施してしっかりと守っているのですね!雪吊りの作業ができるようになるまでに、一体どれだけかかるのでしょうか?中心の方の、バランス感覚がすごいですね。

兼六園では、重機などを入れずに手作業で木々の雪吊りを行っています。途方もない作業ですね・・。作業員の方が1本1本雪吊りを行っているおかげで、兼六園の美しい景色が見られるという訳です。

実は、2019年2月1日から19日までの間で、ライトアップした雪吊りを見ることができます!放射線状のラインが美しく映えますので、この機会に是非行ってみてはいかがでしょうか?時間帯は、17:30から21:00の間です。ライトアップした兼六園の雪吊りは、私も見てみたいです!

  • 住所:〒920-0936 石川県金沢市兼六町1
  • アクセス:金沢駅兼六園口6番のりばから、兼六園シャトルが20分間隔で運行しています
  • 公式サイト:兼六園(金沢城と兼六園)
白川郷(岐阜県)

f:id:tomo192:20191203234749j:plain

 岐阜県大野郡白川村の荻町地区は、およそ大小100棟の合掌造りが多く残っています。そして、そこでは今でも人々の生活があります。また、白川郷は1995年に世界文化遺産へ登録されました。

集落から徒歩およそ20分の場所にある荻町城跡展望台からは、白川郷合掌造り集落を見下ろすことができます。特にこれからの時期は、雪を被った合掌造りの建物を見ることができます。

雪景色の中、建物1つ1つが灯す明かりは温かみを感じます。まるで絵本の世界に来たかのような、幻想的な体験ができることでしょう。

荻町合掌造り集落は、白川郷の観光ではメインともいえるスポットです。そこにあるそれぞれの建物は、内部の見学ができます。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Nature 🌳 Travel 🌎 Photo 📷(@earth.superior)がシェアした投稿 -

 

引用 インスタグラム

見事な雪景色ですね!!

  • 住所:〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町
  • アクセス:高山濃飛バスセンターからバスでおよそ50分
  • 公式サイト:白川郷観光協会
あしかがフラワーパーク(栃木県)

f:id:tomo192:20191204000808j:plain

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、なんと今年で18回目になりました。フラワーパークでは、園内に500万球以上のイルミネーションを装飾しています。桁が違い過ぎて、もうよく分かりませんよね。

光と花を上手に融合させたのが、このイルミネーション最大の魅力。11月から2月にかけて、【光とアメジストセージの融合】【クリスマスファンタジー】【光と冬咲きボタンの競演】などテーマを決めて運営しています。

また、光の睡蓮や光の壁画など、年々装飾バリエーションも豊富になっています!水に浮かぶ光の睡蓮は、私もちょっと見てみたいですね・・!

あしかがフラワーパークは、元々は藤がシンボルの園ですが、この時期いろいろな花が光り輝いてお出迎えしてくれます。ここは近場で、いつもよく行っているという方も是非この時期ならではの装飾を堪能してみてはいかがでしょうか?

黒川温泉湯明かり(熊本県)

 黒川温泉湯明かりは、2019年12月21日から2020年4月5日まで開催されます。その名の通り、熊本県阿蘇郡南小国町にある黒川温泉が竹灯籠で彩られるイベントです。

たくさんの灯篭が明かりを灯す景色を見れば、このあと自分が不思議なことに巻き込まれるようなそんな想像をしてしまいます。はい、ファンタジー小説の読みすぎですね(笑)

 

引用 Youtube 

成長が早い竹は、適度に伐採をしなければ他の木を枯らしてしまい環境を破壊してしまいます。黒川温泉の湯明かりは、放置竹林から地域の環境を守るために再生活動の一環とした始まったのだとか。このようなイベントが始まった歴史を知れば、中々興味深いものがありますよね。

湯明かりは、田の原川周辺におよそ300個ほどの鞠を設置します。鞠灯篭は、熊本県の竹事業者が温泉街に似合う灯篭を考えてデザインを作成しました。

また、最近では黒川温泉の周辺だけにとどまらず大谷山のゴンドーシャロレーキャンプ場や満願寺温泉にも鞠灯篭を設置するようになりました。温泉に浸かってリラックスをするのもよし、湯明かりを見に夜の街へ繰り出すのも良し。ここでしか見られない光景をしっかりと目に焼き付けて下さい。

  • 開催場所:川端通り
  • 日程:2019年12月21日〜2020年4月5日
  • 公式サイト:黒川温泉

まとめ

白川郷や兼六園などの【The・有名な雪景色!】という光景も冬ならではの趣きがあって素晴らしいですが、雪だけではなくイルミネーションや灯篭が活躍するような景色もまた絶景であることが分かりました。

『冬=雪』というイメージに固執するのではなく、少し違う角度から物事を見てみるだけでも普段は見られないような景色が見られるかもしれません。